CSR情報

環境への取り組み

基本方針

人と語る。自然を語る。調和への歩みはここから始まる。

さまざまな生産活動が、自然環境に悪影響をおよぼすことを認識し、”人間もまた自然のなかの一員である‥”という視点に立ち、中部鋼鈑はさまざまな企業活動を、調和を求めながらすすめていきたいと考えています。

緑につつまれた工場を目指す緑化運動、最新の集塵装置による大気汚染防止、工場排水の水処理などに努め、また、周辺の人たちとのふれあい、地域社会とのコミュニケーション活動など積極的にすすめています。

電炉のメリット

■ 鉄リサイクル

電気炉での製鋼プロセスは鉄をリサイクルしています。

鉄スクラップは、日本国内でも、今後は供給過剰となる傾向があるため、鉄リサイクル企業である電気炉メーカーは重要な使命を担っています。

中部鋼鈑は独自の技術を駆使し、電気炉による鉄リサイクルで、高品質の厚板製品の製造を可能としています。

■ 省エネルギー

鉄をリサイクルすることは、省エネルギーにも寄与しています。

電気炉での製鋼プロセスは、製銑工程を持たないため、粗鋼トン当たりの消費エネルギーが節約できます。

それに伴い、地球温暖化の原因となるCO2排出量も低減することができるため、電炉鋼材は地球にやさしいエコマテリアルだと言えます。

中部鋼鈑株式会社「省エネルギー3か年計画」

中部鋼鈑株式会社は、以下の「省エネルギー3か年計画」を策定し、全社的な省エネ推進活動により省エネを推進しています。

目 標

2014年度を基準として、2017年度末までに原単位で3%減の省エネルギーを達成する。

主な対策
  • ■1 『見える化』によるエネルギー管理の推進
  • ■2 省エネ設備の積極的導入

このページのトップへ▲