CSR情報

コーポレートガバナンス

企業行動規範

当社は「私たちは、中部鋼鈑にかかわる全ての人々の幸せを実現するために存在します」という存在理念に基づき、社会的責任を果たし、広く社会から信頼される企業となることを目指して「企業行動規範」を制定します。

 

当社は企業行動規範に定める10原則に基づき、社内体制の整備とコンプライアンスに基づいた企業活動に努め、会社の健全な発展を図ると共に、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていきます。

 

1.法令・社会規範等を遵守し、高い倫理観をもって企業活動を行います。
2.高品質で有用かつ安全な製品・サービスを開発・提供し、顧客の満足と信頼を獲得します。
3.透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。また、政治・行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
4.広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。また、個人情報、顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。
5.従業員の人格と個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場環境を確保します。
6.環境に配慮した企業活動を行い、環境保全活動に主体的に取り組みます。
7.地域社会との共存・共生を図り、良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。
8.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を持たず、反社会的勢力からの不当な要求に対しては断固として拒絶します。
9.各種の国際規範や各国の文化、慣習等を尊重し、現地の発展に貢献する企業活動を行います。
10.本規範実現のための体制を確立するとともに、本規範に違反する事態が発生したときは、原因究明と再発防止に努め、説明責任を果たします。

税務ポリシー

1.基本方針
中部鋼鈑株式会社および子会社(以下、当社グループ)は、国、地域の税務関連法令
等を遵守し、適正な納税を行うことによって、社会の発展に貢献し、
全てのステークホルダーの信頼に応えます。

 

2.税務コンプライアンス
当社グループは、納税義務者として、国、地域の税務関連法令等に従い、適正な申告・納税を行います。また、税務コンプライアンス意識の維持、向上に努めます。

 

3.税務ガバナンス
当社グループは、適正な申告・納税を行うための実効性のある内部管理体制を
整備します。
・各部門およびグループ会社が税務処理について経理担当部門と連絡・相談できる
体制を整備します。また、経理担当部門は、税務上の課題や税制改正の動向等について定期的に情報を収集し、適切に対応するとともに、当社グループ内に周知、
徹底します。
・税務に関する監査・モニタリングを実施し、税務処理の状況を把握するとともに、
処理の誤り等があれば再発防止策を講じます。
・税務専門家に助言・指導や税務申告書の定期的監査を受け、適正な税務処理を
行います。
・税務調査の結果や内部統制の整備状況等について監査役、監査法人に報告・相談し、必要なアドバイスを受けます。
・経理処理手続きの明確化、事務処理のチェック体制の整備、事後検証を可能とする
資料の整理・保存を行い、税務処理の誤りや不正を防止します。
・税務処理に関する疑わしい行為について情報提供を受け付ける窓口を整備します。

 

4.税務リスクへの対応
移転価格税制を始めとするクロスボーター取引や、固定資産に係る税務処理等に
ついては、事前に十分な検討を行うとともに、必要に応じて、税務専門家に助言・
指導を受け、また、事前確認制度の利用等により、税務リスクの低減に努めます。

 

5.税務当局との関係
当社グループは、税務当局に対し適時適切な情報提供を行い、コミュニケーションを
通して、信頼関係を維持するように努めます。
また、税務当局からの指摘・指導を受けた項目については、原因を追究して
再発防止策を講じるとともに、グループ内の周知徹底を図ります。

このページのトップへ▲