IR情報

IRポリシー

IR活動の基本方針

当社は、関係法令に従い、わかりやすく、公平かつ適時・適切に情報開示を行います。また株主・投資家の皆様にとって重要であると判断される情報については、法令に基づく開示以外の情報についても積極的に開示し、株主・投資家の皆様からの適切な評価と信頼をいただけるよう努めてまいります。

 

(1)情報開示についての基本姿勢
当社は金融商品取引法に基づく情報開示については金融庁の提供するEDINET、有価証券上場規程に基づく適時開示については東京証券取引所の提供するTDnetに開示するとともに、当社ホームページに速やかに掲載します。また、適時開示に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様にとって有用な情報についてはフェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、迅速・正確かつ公平な情報の開示に努めます。

 

(2)沈黙期間の設定
当社では、決算関連情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、各四半期決算日翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えます。ただし、この期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い、情報開示を行います。

 

(3)将来の見通しについての注意事項
当社が発表する経営計画、業績の見通し、戦略などは発表時点において入手可能な情報と一定の前提に基づいたものであり、リスクや不確実な要因を含んでおります。様々な要因により、実際の業績は現時点での見通しと異なる可能性があり得ることをあらかじめご了承ください。

このページのトップへ▲