製品情報

JIS規格品

ボイラー用炭素鋼鋼板(JIS G3103)

この規格はボイラーに用いる炭素鋼の熱間圧延鋼板の抜粋

種類の

記 号

化学成分%
C Si Mn P S Cu
厚さ mm
SB410 ≦25
25<t≦50
≦0.24
≦0.27
0.15-0.40 ≦0.90 ≦0.020 ≦0.020 ≦0.40
SB450 ≦25
25<t≦50
≦0.28
≦0.31
0.15-0.40 ≦0.90 ≦0.020 ≦0.020 ≦0.40
SB480 ≦25
25<t≦50
≦0.31
≦0.33
0.15-0.40 ≦1.20 ≦0.020 ≦0.020 ≦0.40

備考:

  • 1. Cの規定値を0.01%低減するごとに、Mnの規定値を0.06%増加してもよい。ただし、Mnの規定値の上限は、1.50%とする。
種類の
記 号
Ni Cr Mo Nb V Ti B
SB410 ≦0.40 ≦0.30 ≦0.12 ≦0.02 ≦0.03 ≦0.03 ≦0.0010
SB450 ≦0.40 ≦0.30 ≦0.12 ≦0.02 ≦0.03 ≦0.03 ≦0.0010
SB480 ≦0.40 ≦0.30 ≦0.12 ≦0.02 ≦0.03 ≦0.03 ≦0.0010

備考:

  • 2. Cu+Ni+Cr+Mo≦1.00%
  • 3. Cr+Mo≦0.32%
種類の
記 号
引張試験
降伏点
又は耐力
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び
厚さ ㎜ 試験片
SB410 225≦ 410-550 t≦50
40<t
21≦
25≦
1A号
10号
SB450 245≦ 450-590 t≦50
40<t
19≦
23≦
1A号
10号
SB480 265≦ 480-620 t≦50
40<t
17≦
21≦
1A号
10号

製品の主な特徴・使用用途

こちらの鋼板が使われている用途は以下の通りです。

建設機械産業機械、その他

このページのトップへ▲