製品情報

JIS規格品

溶接構造用耐候性熱間圧延鋼板(JIS G3114)

この規格は、橋、建築、その他の構造物に用いる溶接性を考慮した耐候性熱間圧延鋼板の抜粋

種類の
記 号
化学成分%
C Si Mn P S Cu Cr Ni
SMA400AP ≦0.18 ≦0.55 ≦1.25 ≦0.035 ≦0.035 0.20-0.35 0.30-0.55 -
SMA400BP
SMA400CP
SMA400AW ≦0.18 0.15-0.65 ≦1.25 ≦0.035 ≦0.035 0.30-0.50 0.45-0.75 0.05-0.30
SMA400BW
SMA400CW
SMA490AP ≦0.18 ≦0.55 ≦1.40 ≦0.035 ≦0.035 0.20-0.35 0.30-0.55 -
SMA490BP
SMA490CP
SMA490AW ≦0.18 0.15-0.65 ≦1.40 ≦0.035 ≦0.035 0.30-0.50 0.45-0.75 0.05-0.30
SMA490BW
SMA490CW

備考:

  • Mo+Nb+Ti+V≦0.15%
種類の

記 号

引張試験
降伏点又は耐力 N/㎟ 引張強さ

N/㎟

伸び
厚さ㎟ 厚さ mm 試験片
t≦16 16<t≦32
SMA400AP 245≦ 235≦ 400-540 5<t≦16
16<t
17≦
21≦
1A号
1A号
SMA400BP
SMA400CP
SMA400AW
SMA400BW
SMA400CW
SMA490AP 365≦ 335≦ 490-610 5<t≦16
16<t
15≦
19≦
1A号
1A号
SMA490BP
SMA490CP
SMA490AW
SMA490BW
SMA490CW
種類の

記 号

衝撃試験
試験温度
シャルピー吸収
エネルギー
試験片
SMA400AP - - -
SMA400BP 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
SMA400CP 0 47≦
SMA400AW - - -
SMA400BW 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
SMA400CW 0 47≦
SMA490AP - - -
SMA490BP 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
SMA490CP 0 47≦
SMA490AW - - -
SMA490BW 0 27≦ Vノッチ
圧延方向
SMA490CW 0 47≦

備考:

  • 衝撃試験は厚さ12mmを超える鋼板について行い、シャルピー吸収エネルギーは3個の試験片の平均値とする。

製品の主な特徴・使用用途

こちらの鋼板が使われている用途は以下の通りです。

橋梁建築産業車輌

このページのトップへ▲