製品情報

JIS規格品

形状、寸法の許容差(JIS G3193)

■厚さの許容差

単位(mm)

厚さ\幅 W<1,600 1,600≦w<2,000 2,000≦w<2,500
3.15≦t<4.00 ±0.24 ±0.34 ±0.34
4.00≦t<5.00 ±0.45 ±0.55 ±0.55
5.00≦t<6.30 ±0.50 ±0.60 ±0.60
6.30≦t<10.00 ±0.55 ±0.65 ±0.65
10.00≦t<16.00 ±0.55 ±0.65 ±0.65
16.00≦t<25.00 ±0.65 ±0.75 ±0.75
25.00≦t<40.00 ±0.70 ±0.80 ±0.80
40.00≦t<63.00 ±0.80 ±0.95 ±0.95
63.00≦t<100.00 ±0.90 ±1.10 ±1.10
100.00≦t<160.00 ±1.30 ±1.50 ±1.50
厚さ\幅 2,500≦w
3.15≦t<4.00 -
4.00≦t<5.00 ±0.65
5.00≦t<6.30 ±0.75
6.30≦t<10.00 ±0.80
10.00≦t<16.00 ±0.80
16.00≦t<25.00 ±0.95
25.00≦t<40.00 ±1.00
40.00≦t<63.00 ±1.10
63.00≦t<100.00 ±1.30
100.00≦t<160.00 ±1.70

建築構造用圧延鋼板は以下の通りとする。

単位(mm)

厚さ\幅 W<1,600 1,600≦w<2,000 2,000≦w<2,500
6.00≦t<6.30 +0.70 +0.90 +0.90
6.30≦t<10.00 +0.80 +1.00 +1.00
10.00≦t<16.00 +0.80 +1.00 +1.00
16.00≦t<25.00 +1.00 +1.20 +1.20
25.00≦t<40.00 +1.10 +1.30 +1.30
40.00≦t<63.00 +1.30 +1.60 +1.60
厚さ\幅 2,500≦w
6.00≦t<6.30 +1.20
6.30≦t<10.00 +1.30
10.00≦t<16.00 +1.30
16.00≦t<25.00 +1.60
25.00≦t<40.00 +1.70
40.00≦t<63.00 +1.90

備考:

  • マイナス側の許容差は、0.3mmとする。
■長さの許容差

単位(mm)

長さ 許容差(普通の切断方法)
600≦ℓ<4,000 +20
0
4,000≦ℓ<6,000 +30
0
6,000≦ℓ<8,000 +40
0
8,000≦ℓ<10,000 +50
0
10,000≦ℓ<15,000 +75
0
15,000≦ℓ<20,000 +100
0
20,000≦ℓ +0.5%
0
■幅の許容差

単位(mm)

厚さ 許容差
ミルエッジ カットエッジ(普通の切断方法)
+ -
630≦w<1,000 t<3.15
3.15≦t<6.00
6.00≦t<20.0
20.0≦t
0
+規程せず
10
10
10
15
0
1,000≦w<1,250 t<3.15
3.15≦t<6.00
6.00≦t<20.0
20.0≦t
0
+規程せず
10
10
15
15
0
1,250≦w<1,600 t<3.15
3.15≦t<6.00
6.00≦t<20.0
20.0≦t
0
+規程せず
10
10
15
15
0
1,600≦w<3,000 t<3.15
3.15≦t<6.00
6.00≦t<20.0
20.0≦t
0
+規程せず
10
10
20
20
0
■横曲がりの最大値

単位(mm)

サイズ 許容差
全サイズ ≦長さの0.2%

備考:耳付鋼板には適用しない。

■平坦度の最大値

単位(mm)

厚さ\幅 W<2,000 2,000≦w
3.15≦t<4.00 16 -
4.00≦t<5.00 14 24
5.00≦t<8.00 13 21
8.00≦t<15.00 12 16
15.00≦t<25.00 12 16
25.00≦t<40.00 9 13
40.00≦t<80.00 8 11
80.00≦t<150.00 8 10
150.00≦t<250.00 10 15

備考:

  • 上表は任意の長さ2,000mmについて適用し、長さ2,000mm未満の場合には全体について適用する。
  • また、波のピッチが2,000mmを超える鋼板については、その波のピッチの長さにおいて適用する。
  • ただし、波のピッチが4,000mmを超える鋼板については、任意の長さ4,000mmについて適用する。

このページのトップへ▲