製品情報

自社規格品

高張力鋼板

この規格は建築、橋梁、産業機械、車輌、その他の構造物に用いる溶接性の優れた高張力鋼板の抜粋

記号 化学成分 %
C Si Mn P S Cu Nb+V
CK-BESTEN540 ≦0.19 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.025 ≦0.010 ≦0.25 ≦0.10
CK-BESTEN590 ≦0.18 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.020 ≦0.010 ≦0.25 ≦0.15
CK-BESTEN590Y ≦0.18 ≦0.55 ≦1.60 ≦0.020 ≦0.010 ≦0.25 ≦0.15
記号 引張試験 衝撃試験
降伏点
又は耐力
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び 試験温度 ℃ シャルピー吸収
エネルギー
J
試験片
厚さ ㎜ 試験片
CK-BESTEN540 355≦ 540-640 5<t≦40
40<t
23≦
20≦
5号
4号
CK-BESTEN590 365≦ 590-710 20≦ 5号
CK-BESTEN590Y 450≦ 590-710 20≦ 5号 -5 47≦ Vノッチ
圧延方向

備考:

  • 1. 衝撃試験は厚さ12㎜を超える鋼板について行ないシャルピー吸収エネルギーは3個の試験片の平均値とする。
  • 2. 衝撃試験片は圧延方向に採取し、ノッチは厚さ方向に施工します。

1.特徴

① 機械的性質

普通鋼鋼材に比較し、降伏点・引張強さが高いので構造物の軽量化が図れます。

② 耐摩耗性・耐候性

耐摩耗性・耐候性に優れているため、耐久年限は一般の高張力鋼に比較し長くなります。

③ 加工性

非調質型なので熱履歴に対して安定であり熱間加工を行なっても材質劣化はありません。調質型と比較し低降伏点で延性に富み、冷間加工が容易にできます。

④ 溶接性

化学成分に留意し、炭素当量を低く抑えていますので熱影響部の硬化が少なく、優れた溶接継手性能が得られます。

⑤ 経済性

非調質型であるため、調質型に比較し価格が低廉であります。高張力であるため、使用鋼材の節減・輸送費の節約などコストダウンが図れます。

2.特性例

① 化学成分
記号 板厚
化学成分 % Ceq
Pcm
C Si Mn P S Cu Nb
CK-BESTEN540 25 0.13 0.30 1.48 0.019 0.005 0.22 0.012 0.43 0.24
CK-BESTEN590 25 0.17 0.37 1.47 0.018 0.004 0.21 0.038 0.47 0.28
CK-BESTEN590Y 25 0.16 0.39 1.44 0.016 0.004 0.23 0.036 0.45 0.28

備考:

  • 1. 炭素当量(%) Ceq = C+Si/24+Mn/6+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14
  • 2. 溶接割れ感受性組成(%) P㎝ =
    C+Si/30+Mn/20+Cu/20+Ni/60+Cr/20+Mo/15+V/10+5B
② 機械的性質
記号 板厚
引張試験 衝撃試験
降伏点
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び
試験片 試験温度
シャルピー
吸収エネルギー
試験片
CK-BESTEN540 25 422 598 35 5号 0 91 Vノッチ
圧延方向
CK-BESTEN590 25 425 650 34 0 116
CK-BESTEN590Y 25 490 647 37 -5 152
記号 板厚
曲げ試験
曲げ角度 曲げ半径 結果 試験片
CK-BESTEN540 25 180° 1.0t
密着

1号
CK-BESTEN590 25 180° 1.0t
密着

CK-BESTEN590Y 25 180° 1.0t
密着

高張力鋼板

③ 溶接性

1)テーパー硬さ試験

溶接性 図1

2)斜めY形溶接割れ試験
溶接性 図2

④ 耐摩耗性試験

耐摩耗性試験 図

製品の主な特徴・使用用途

こちらの鋼板が使われている用途は以下の通りです。

建設機械産業機械工作機械機械部品産業車輌、その他

※電子カタログを御覧になるにはFlashがインストールされている必要があります

このページのトップへ▲