製品情報

船級協会規格品

船体用鋼板

この規格は造船用に使用される熱間圧延鋼板の抜粋

NK規格(日本海事協会規格)
グレード 厚さ
化学成分 %
C Si Mn P S その他

KA t≦50 ≦0.21 ≦0.50 2.5xC≦ ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40
KB t≦50 ≦0.21 ≦0.35 ≦0.80 ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40



KA32 t≦50 ≦0.18 ≦0.50 0.90~1.60 ≦0.035 ≦0.035 Cu≦0.35
Cr≦0.20
Ni≦0.40
Mo≦0.08
Al、Nb、V、Ti
は別途
KA36

備考:

  • 1. KBグレードにおいてSi≧0.10%の場合、又は衝撃試験を実施する場合、Mn≧0.60%とすることができる。
  • 2. KA32、KA36において Nb・Al・Vを組み合わせて含有させる場合は、下限値を規定しない。
  • 3. KA32・KA36においてNb+V+Ti<0.12%と規定する。

 

グレード 引張試験 衝撃試験
降伏点又は耐力
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び % 試験温度
シャルピー
吸収エネルギー
J
試験片
厚さ㎜ 試験片

KA 235≦ 400~520 t≦5 14≦ U1号 - - -
5<t≦10 16≦
10<t≦15 17≦
15<t≦20 18≦
20<t≦25 19≦
KB 25<t≦30 20≦ 0 27≦ U4号
圧延方向
30<t≦40 21≦
40<t≦50 22≦



KA32 315≦ 440~590 同上 0 31≦ U4号
圧延方向
KA36 355≦ 490~620 t≦5 13≦ U1号 0 34≦ U4号
圧延方向
5<t≦10 15≦
10<t≦15 16≦
15<t≦20 17≦
20<t≦25 18≦
25<t≦30 19≦
30<t≦40 20≦
40<t≦50 21≦

備考:

  • 1. シャルピー吸収エネルギーは3個の試験片の平均値とする。
  • 2. KBグレードにおいて、衝撃試験は厚さ25㎜を超える鋼板について行う。
  • 3. 厚さ6㎜以上11㎜未満の鋼板において、衝撃試験はサブサイズ試験片にて行う。
  • 4. サブサイズ試験片に対するシャルピー吸収エネルギーの下限値は、U4号試験片に対する値に下記に示す定数を乗じた値(少数点第1位以下を四捨五入した値)とする。
    厚さ6㎜以上8.5㎜未満 定数:2/3
    厚さ8.5㎜以上11㎜未満 定数:5/6
LR規格(ロイド船級協会規格)
グレード 厚さ
化学成分 %
C Si Mn P S その他
A t≦50 ≦0.21 ≦0.50 2.5xC≦ ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40
B t≦50 ≦0.21 ≦0.35 ≦0.80 ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40

備考:

  • BグレードにおいてSi≧0.10%の場合、Mn≧0.60%とすることができる。
グレード 引 張 試 験 衝 撃 試 験
降伏点又は耐力
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び 試験温度
シャルピー
吸収エネルギー
J
試験片
厚さ ㎜ 試験片
A 235≦ 400-520 t≦5 14≦ U1号
5<t≦10 16≦
10<t≦15 17≦
15<t≦20 18≦
20<t≦25 19≦
25<t≦30 20≦
30<t≦35 21≦
B 35<t≦50 22≦ 0 27≦ U4号
圧延方向

備考:

  • シャルピー吸収エネルギーは3個の試験片の平均値とする。
ABS規格(アメリカ船級協会規格)
グレード 厚さ
化学成分 %
C Si Mn P S その他
A t≦50 ≦0.21 ≦0.50 2.5xC≦ ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40
B t≦50 ≦0.21 ≦0.35 ≦0.80 ≦0.035 ≦0.035 C+Mn/6≦0.40

備考:

  • 1. Cu、Ni、Cr、Moは測定し、値を報告のこと。
  • 2. BグレードにおいてSi≧0.10%の場合、Mn≧0.60%とすることができる。
グレード 引 張 試 験 衝 撃 試 験
降伏点又は耐力
N/㎟
引張強さ
N/㎟
伸び 試験温度
シャルピー
吸収エネルギー
J
試験片
厚さ ㎜ 試験片
A 235≦ 400-520 t≦5 14≦ U1号
5<t≦10 16≦
10<t≦15 17≦
15<t≦20 18≦
20<t≦25 19≦
25<t≦30 20≦
30<t≦40 21≦
B 40<t≦50 22≦ 0 27≦ U4号
圧延方向

備考:

  • 1. シャルピー吸収エネルギーは3個の試験片の平均値とする。
  • 2. Bグレードにおいて、衝撃試験は厚さ25㎜を超える鋼板について行う。

その他、DNV 規格(ノルウエー船級協会規格)、CR 規格(中華民国船級協会規格)、 GL 規格(ドイツ・ロイド船級協会規格)等の認証も受けております。

このページのトップへ▲