技術情報

モノづくりの特徴

資源リサイクルによる鉄づくり

資源リサイクルによる鉄づくり 写真

1) 国内唯一の厚板専業メーカー
国内の製鋼会社は60社以上ありますが、厚板を専業としているメーカーは国内では中部鋼鈑だけです。
2) 地球にやさしいリサイクル企業
鋼を作る製鋼法には鉄鉱石を主原料としコークスを燃料にする高炉法と鉄スクラップを主原料とし電気を熱源とする電気炉法があります。中部鋼鈑は電気炉で鉄スクラップを溶解し鋼板を製造しています。資源に乏しい日本において、中部鋼鈑は鉄スクラップを有効にリサイクルしているエコ企業なのです。
3) 多品種、小ロット、短納期対応が可能
高炉は一度、稼動されると、数年に一度の程度の修理等の時以外に停止されることはありませんが、電気炉は間欠操業が可能なのです。中部鋼鈑は電気炉の利点を最大に利用し、多品種、小ロット、短納期対応を行なっております。
4) 従来から深夜・休日に電気炉を操業
中部鋼鈑では電気炉の操業は、平日深夜と土日・祝日に行なっています。これは従来から電力会社の余剰電力を使用しているためです。

※電子カタログを御覧になるにはFlashがインストールされている必要があります

このページのトップへ▲