技術情報

製鋼工程

鉄スクラップがスラブになるまで

製鋼工程では鉄スクラップを200t電気炉で溶かし、成分調整されてスラブ(鋼片)になるまでの工程とその際に使用している設備について紹介しています!実際の様子が見られる動画と合わせてご覧下さい。(約4分)

次の圧延工程を見る

スラブになるまでの図

200t電気炉

当社が誇る日本最大級の200t電気炉でアーク(放電)による電気の熱で鉄スクラップを溶かします。また、出鋼方式は偏心炉底出鋼、いわゆるEBTと呼ばれる方式を導入しています。これにより溶鋼を取鍋に出鋼する時にスラグを分離でき、不純物の低減が容易になりました。

電気炉の画像

取鍋精錬炉(LF)

溶鋼(溶けた鉄)から不純物を除去し、溶鋼の成分調整を行ないます。

取鍋精錬炉の画像

スラブ連続鋳造設備

溶鋼を水冷して固めた後に、所定のサイズに切断します。この鋼板になる前の半製品はスラブ(鋼片)と呼ばれています。

スラブ連続鋳造設備の画像

次の圧延工程を見る

このページのトップへ▲