技術情報

圧延工程

スラブ(鋼片)が厚板になるまで

製鋼工程で出来たスラブが所定の寸法に延ばされ厚板になるまでの工程と、その際に使用している設備について紹介しています!

実際の様子が見られる動画と合わせてご覧下さい。(約4分)

次の精製工程を見る

精製工程の図

加熱炉

加熱炉の写真

製鋼工程で製造されたスラブ(鋼片)は約800℃で加熱炉に装入され約1,100℃まで加熱されます。

この加熱炉ではリジェネレイティブバーナーと呼ばれる省エネバーナーが採用されています。

※リジェネレイティブバーナーは、コンパクトな蓄熱体とバーナーを一体化したもので、2 基のバーナーが対になっており、数十秒毎に交互に切替えて、「燃焼」と「蓄熱」を繰り返すものです。

この蓄熱効果による熱交換効率向上で省エネルギー化をはかっています。

四重圧延機

四段圧延機の写真

加熱炉で1,100℃まで加熱されたスラブは圧延機で注文の厚さ、幅、長さの鋼板に延ばされます。

また、圧延する時の鋼板温度や圧延する力などを制御することで出来上がる鋼板の強度を調整しています。

熱間矯正機

熱間矯正機の写真

圧延された鋼板は、鋼板冷却装置によって冷却されながら、さらに熱間矯正機で平坦に仕上げられます。

次の精整工程を見る

このページのトップへ▲